会社概要

社名
株式会社デザイン工房
本社所在地
〒981-3121
 宮城県仙台市泉区上谷刈字赤坂6-102
電話番号
022-772-3020
事業内容
有料老人ホームの経営・運営・管理
介護保険事業
その他


株式会社デザイン工房は、
3つの創造により、豊かな福祉社会をデザインします

 昨今、地域のあり方に関する議論や、福祉社会のあるべき姿に関する議論が盛んになってきました。 しかし、これからは地域資本・地場産業の再興や中心市街地再活性化などの課題と、居住施設・商業施設・生活インフラの整備や、地域における交流や生活・福祉文化の創生と課題等とを一体的・包括的に捉える視点が必要です。




地域社会の創造

 まず、“グローカルの到来”と呼ばれる時代に、急務の課題として望まれるもの。 それは、企業・行政・学術研究機関の共同による多様なアプローチを体系化しながら、ハード・ソフトをミックスして生活者中心に再編された結実としての地域経済の創造です。


コミュニティの創造

 また、時代の移り変わりの過程で失われたがゆえに、復元と再構築が望まれるもの。 それは人が人を支え合い、人が人に寄り添い、人が人を育て守りながら、子どもや家族、障害者や高齢者、さらには様々な弱者をも優しく包み込む、有意義でセーフティにデザインされたコミュニティの創造です。


生活価値の創造

  そして、超高齢少子人口減少社会が到来し、「スローライフ」のような生活哲学の萌芽の時代に望まれるもの。 それは、人が人に伝え、人が人から学び教え、人が人と交じり合いながら日常生活・芸術等の多様なアプローチが教育・福祉機能または健康・自立支援機能へと発展するべく、それぞれの持ちうる効能の研究開発と生活者相互の交流のクロスを高度に発達した交通・移動体系を活用しながら文化的にコーディネートする、そしてそのための人的・物理的環境の整備による新たな生活価値の創造です。




更新日:2010年05月05日


新たな≪総合型福祉サービス供給システム≫の開発


株式会社デザイン工房 代表

 少子高齢化・グローバル化・ローカル化が同時進行している我が国においては、財政構造改革・社会保障構造改革・社会福祉基礎構造改革等が展開され始めましたが、今後の福祉政策の基本スタンスとして、これまでの「政府(行政)中心」であった“ガバメント”型から、「民間とのパートナーシップ」を基調とした“ガバナンス”型ヘの転換が求められています。

 また、地域においては、NPOや住民組織などによる[民間非営利セクター]の多様な活動が創起され始め、既成の法制度や[行政セクター]による住民サービス・対応の限界を乗り越えるために、住民が主体となって、生活者にとって安全で安心して暮らしやすいまちづくりを志向し始めています。

 さらに、[民間営利セクター(企業)]においては、さまざまなステークホルダー(利害関係者) との間で果たすべき責任としての“CSR”(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)のあり方が模索され始めていますが、企業活動の重要なステークホルダーである住民または地域社会の生活・福祉課題へのアプローチは、企業の持続的な発展のために今後は必要不可欠と考えます。

 住民の生活・福祉課題の解決には、これまでは<行政主導型供給システム>が中軸として機能してきましたが、これからは[民間非営利セクター]による活動を中心とした<住民主体型供給システム>や、[民間営利セクター(企業)]の“CSR”等による[企業型供給システム]を連結・統合した新しい福祉サービス供給システムの構築が待たれます。




 株式会社デザイン工房は、[行政セクター]や[営利セクター(企業)]による都市計画・再開発・インフラ整備等と、[行政セクター]や[民間非営利セクター]による福祉サービスの体系を再編・融合したコラボレーションを演出し、地域福祉・居住福祉理論あるいはソーシャルワーク・医学・経済学・経営学・社会学・建築工学・土木工学・都市工学等の学術的アプローチにより新たな≪総合型福祉サービス供給システム≫を開発し、豊かな福祉社会の実現を目指します。



更新日:2010年05月05日


 
:arwright: サイトマップ

Total426611 7days024 Yesterday000 Today005 IP check in 30 min Since 2010-02-25